相場を知って高く売る

相場を知って高く売る

カメラを高く売るには相場を知る必要があります。

 

残念なことにカメラは買って開封して瞬間に中古カメラとなります。
どんなに綺麗な状態でも中古品扱いとなってしまいます。

 

■中古カメラの相場

中古カメラには相場というものがあります。どんなに綺麗なカメラでも中古品なら新品時の6割程度が相場の限界でしょう。
買ってすぐに売るんだから新品の8割程度で売りたいと思うかもしれませんが、それは不可能に近いです。

 

中古カメラ相場について

 

上述したとおり新品に近い状態のカメラで6割くらいが相場です。
普通に1年程度使ったカメラで4割〜5割程度です。

 

さらに年数使ってるカメラなら4割以下となります。

 

もっと高く売れると思ってる方もいるかもしれませんが、
これがカメラの現実なのです。

 

カメラの相場を知る理由

 

カメラを高く売るのが最終目的ですから、
相場を知ることの理由をお伝えしておきます。

 

相場を知ればお店側との交渉を有利に運べるのです。

 

あるお店で聞いた金額が6万だったとします。
他の店では5万と言われた。

 

差額が1万です。

 

5万と言われたお店へ言ったときに6万以上になるかどうか
交渉できるのです。
他の店の6万という金額を知ってるから交渉ができます。
知らなければ5万と言われても納得して売っちゃうかもしれません。

 

しかし、相場を把握していれば相場以下で手放すことは有り得ません。
もっと高い店を探せば良いだけです。

 

売る側が有利な金額で買い取りしてもらうためには
相場を知っておくことはとっても重要
なのです。